仕事の面白さと独立を考える理由

近年では、Webエンジニアの需要は増加傾向にある。この職種はWebアプリケーションの開発や、SNSやECショッピングカートなどのシステム機能を開発するのが仕事だ。このWebエンジニアの面白さは、さまざまな技術を使って機能を実現していくところにある。プログラマーは職人でエンジニアは芸術家だと例える人がいるがまさにその通りで、使いやすさなどを考えながらよりよいものをあらゆる技術を駆使して作っていくという面白さがある。
Webエンジニアとして働いていると、転職や独立をしたいと思うことも少なくない。なぜなら、ずっと現場で仕事を続けるということが難しいからである。これはWebエンジニア固有の問題ではなく、IT業界全体の問題となる。もちろん、IT業界特有の35歳を過ぎても現場で働く人はいるが、それは高いスキルや知識を持っていて代わりがいないというタイプの人だ。大半の人は管理職としてコミュニケーションスキルなどの対人スキル重視の仕事に移るか、転職や独立することになる。このような環境のため、ある程度の年齢になると独立したいと思うようになるのだ。
Webエンジニアは、機能を実現していくもの作りの面白さがある。もちろん、管理職としてクライアントとコミュニケーションを取りながら、メンバーをまとめて仕事に関わっていくのも面白いだろう。しかし、あくまでWebエンジニアとしての仕事を好む場合は現場にいる必要があるが、それは1つの企業では厳しい道のりとなり、そのため転職や独立を考える必要がある。